カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

9月の体調不良を乗り切るために

9月の体調不良を乗り切るために

9月は暑くて寒い?

8月末から9月上旬は、秋の入口を感じることができますよね。
実感するのが虫たちの鳴き声。
気がつくと、蝉の鳴き声を聞く機会が減ったのではないでしょうか?
その代わり、夕方からコオロギや鈴虫などの鳴き声を聞くことができます。

そういった自然の移り変わりとともに、朝晩の温度が徐々に下がります。
25度を下回る時間が増えると涼しいと感じることが多くなり、秋の訪れを実感することができます。

ただ、9月の上旬の間は最高気温が30度を超えることが多く、日中は真夏日ということが多々あります。
その寒暖差が9月からの体調不良の原因です。

原因は冷えること、そして

朝晩の気温が低くなっても、ついつい夏の寝具やパジャマのまま……そんな人は多いと思います。

大きなタオルなどを被って「寒いな……」と思いながら一晩を越したりすると、体は寒いということに備える状態になります。
そうすると、30度を超える日中の温度で混乱してしまい、体がだるくなったり、食欲が出なくなったりと、夏バテならぬ秋バテになります。

夏にくらべ秋口は、気圧が低いことも影響します。
気圧が下がると体は「活動すべきではない」というモードに切り替わります。
こうなった時は、体が備蓄に向かう形になるのですが、問題は日中晴れていたのに、夕方から急に曇って雨になる……そんなときに、自律神経が対応しきれず備蓄モードを通り越して、不調にまでなってしまいます。
それが、秋バテにもつながります。

秋バテ対策は何が効果的?

秋バテの対策としては、まず、気温の寒暖差に対して面倒がらずに準備することです。
寒いと感じたらすぐに暖かくするという、根本的な対策が大事になってきます。

朝晩は冷えますので、寝具やパジャマに暖かいものを用意しておきましょう。
寒いと感じたら掛けるものを厚手のものにするなどして、すぐに対応します。気温は日によって変わるものですので、暑い日と涼しい日があるとは思いますが、多少邪魔になったり手間になっても、気温が安定するまでは両方用意するのがいいと思います。
朝晩と日中の温度差がある場合は、1枚羽織るものを用意すると、体に負担も少なくなります。

体調について密接に関わる睡眠も重要です。
ちょっとおかしいなと思ったり、眠気が取れないと思ったら普段の生活リズムより睡眠時間を前倒ししましょう。眠いと感じたら普段より1時間早く就寝するだけで、翌朝の目覚めは大きく変わります。眠気にはきっちりとした睡眠が大事です。
ぐっすりと眠ることで、体の回復や免疫などが活性化します。

もちろん、おいしくて栄養のある食べ物をしっかりと摂ることも大事です。ポイントとしては、体を冷やさない温かいものを摂ること。
気温もだいぶと落ち着いてくる頃ですので、冷たいものが食べたいということないと思います。
サポートしてサプリメントもおすすめです。

kanka_GS_banner

秋バテ対策は、基本的な生活改善でかなり効果を発揮します。
せっかくの食欲の秋ですし、体調不良で秋を楽しめないのはもったいないとは思いませんか?
秋の体調不良は早めに改善して、涼しく落ち着いてくる季節を感じていきたいですね。

pagetop
オンラインショップあかりえ