カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

運動不足を解消しよう!

運動不足を解消しよう!

仕事中はほとんど歩くことがない!

一日中パソコンの前で仕事をして、ほとんど歩いていない人……意外と多いですよね。
万歩計のアプリなどを見て驚愕の歩数……全然歩いていない! となる人も多いと思います。私もそうでした。
かといって、ウォーキングを始め、初日で20,000歩を目指すと足の裏が豆だらけになってしまいます。
では、どのように始めれば良いのでしょうか。
何をすればいいのか? 今できることは何なのか? それを踏まえたうえで今回は記事にまとめます。

運動不足を自覚しているが、いきなり疲れるのもちょっと……という人に向けて、軽い運動のすすめです。

私オススメ、ひと駅歩き

何度か紹介しているひと駅歩きです。カンカとの相性もいいので、個人的にもおすすめです。
何をするかというと、読んで字のごとく、通勤でのひと駅分を歩いてしまおうというものです。
普段の生活プラスひと駅分の運動量がプラスされるという単純なものですが、今までなかったものがプラスされる、つまり生活習慣を変えることになります。

行き帰りの選択も日によって変えるのもいいですし、「余裕のある帰りにしよう」「朝が好きだから行きを歩こうかな」など自分の生活スタイルに合わせた形でいいです。
雨の日は歩かずに帰る、残業で遅くなった日は無理をしないなど、続ける意思を優先させたルールづくりも必要です。
無理をせず、長く続けることが大事です。
「30分動かないと脂肪が燃えない」というダイエット意識はひとまず置いて、運動不足の解消を念頭に置くことも大事です。
注意点としては、革靴やヒールで無理をしないことです。
仕事用の靴は歩くことに向いていないので、靴擦れや豆の原因になります。

会社でできる運動

デスクワーク中にできる運動といえば、空気椅子……ではありません。
姿勢を良くすることです。
背もたれを使わずに正しい姿勢でパソコンに向かうことです。
正しい姿勢で座ることで、使っていなかった筋肉を使います。それ自体で運動になります。
使っていなかった筋肉を使うことで鍛えられます。歩くとき、立っている時の姿勢も正しくキープすることで、歩くとき、立っているときの筋肉も鍛えられます。
この姿勢を正しくキープする筋肉は、インナーマッスルと言われ、体の軸をキープする筋肉です。

机の下でできる運動もあります。
まず足を揃えてください。
その揃えた足を少しだけ浮かせると……思っていたよりきつくないですか?
足だけでなく、腹筋も鍛えられます。
かかとを浮かせて下ろすを繰り返すだけでも、意識をして行えば効果的です。その際、正しい姿勢で行うことは基本ですよ!

歩く時間もない! という方は、職場でできるこれらの運動がおすすめです!

もう1段階上げるなら

基本はもうできた! さらなるパワーアップを! という人にオススメなのが、なるべく階段を使うことです。
文明の有り難みを感じつつ、エレベーターやエスカレーターを使っているわけですが、そこをあえて階段を使うというハードさを追求です。

また、人がいない状態ではスクワットを自分に義務付けるなどのハード路線もありですね。
自分を追い込むスタイルは意外とそこら中に散らばっているのかもしれません。
空気椅子はふざけていると思われるのでオススメできません……学生時代のアルバイト先で先輩が空気椅子で仕事していて「ふざけているのか?」と本気の説教をされているところを見たことがあります……。

最大のポイントは運動の種類ではありません

最大のポイントは、何も行う運動の種類や質ではありません。

続けることができること。

ただ、この一点です。1日だけやって効果が出るものでもありません。
続けていくことで徐々に自分の体が改善されていきます。
小さくコツコツを積み重ねていくことによって、結果につながっていくのが体質改善です。
体質を改善するサポートはカンカも得意です。
カンカノシドエキナコシド、アクテオシドなど様々な成分がきっとお役に立つと思います。

では、デスクワークで運動不足を自覚しているみなさん、ぜひ、この機会に自分を変えるチャレンジを行ってみてはいかがでしょうか!

pagetop
オンラインショップあかりえ