カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

知るカンカ

カンカとは~あらためてカンカについて~

カンカとは~あらためてカンカについて~

RIZINでカンカについて初めて知った! という人も多いと思います。
そこで今日は、カンカについて今までのおさらいをしていきます。
カンカってなに?  どうやって育っているの? このサプリ、何でできているんだろう? などの疑問にお答えします。

カンカはタクラマカン砂漠で育つ植物

カンカはタクラマカン砂漠で強靭に育つ植物です。特徴として、葉緑素を持たず、光合成を行わないこと、ベニヤナギ(タマリクス)の根に寄生して育つ寄生植物という特徴があります。

カンカはその見た目と砂漠で育つ強靭さ、活力から砂漠人参と呼ばれてきました。産地であり、カンカを愛食しているオアシス都市ホータンは長寿郷として知られています。
Taklamakan_Desert_1280

詳しくはこちら
「植物由来 カンカ」
「カンカという植物について」
「光合成しません」
「主な産地であるホータンについて」

完全なオーガニック食材として

カンカは栽培面でも大きな特徴を持っています。農薬や肥料などを全く使わない完全なオーガニック食材であるという点です。
農薬については、まず使う必要がありません。
それはタクラマカン砂漠という過酷な環境が、害虫などの存在を許しませんので、農薬を使う必要がないのです。
また、寄生するベニヤナギはもちろん、カンカも砂漠に適合した植物ですので肥料も必要ありません。
タクラマカン砂漠という環境が生み出したオーガニック食材、それがカンカです。
kanka_sabaku1280

詳しくはこちら
「安全性について」

カンカを抽出・濃縮したカンカエキス

カンカの成分を抽出したもの、それがカンカエキスになります。
20~30gのカンカから1gのカンカエキスは作られます。カンカエキスを作り出すのに20~30倍のカンカが必要です。これは、みなさんのもとへお届けできるクオリティー、妥協を許さない成分比率を確保するためです。
成分比率としては、アクテオシド8%以上・エキナコシド20%以上、これがカンカエキスとして世に送り出しても恥ずかしくないクオリティーであると考えています。

詳しくはこちら
「カンカエキスって何ですか?」
「カンカエキスの含有成分」

科学の力で伝承をチェック!

「長寿郷って」「すごいすごいって何が」と思われる人も多いと思います。
古代より長寿の秘訣や砂漠人参として、様々な文献で名前を見ることができるカンカですが、淘汰されずに現代まで伝わったことには理由があるはず。
そこで、近畿大学さんと共同で研究、カンカを科学的なアプローチで検証しました。
国際カンカ研究会はこちら

フェニルエタノイド配糖体が多く含まれることがわかり、エキナコシド、アクテオシドの含有がわかり、カンカノシドが単体分離されました。

詳しくはこちら
「エキナコシドとアクテオシド」
「自分を燃やすカンカノシドの発見」

ぜひ皆さん、カンカチャージ!

RIZINでカンカという単語を知った人も多いと思います。
タクラマカン砂漠の至宝であり、総合格闘技選手も愛用するカンカの活力をぜひお試しください!
現在キャンペーン中です!
RIZIN公認エナジーサプリ カンカ Presents 「カンカチャレンジ」

~お宝プレゼントにチャレンジ!~
RIZIN FIGHTING WORLD GP 2016 無差別級トーナメント開幕戦、大会出場選手全員のサインが入ったオフィシャルパンフレットを10名様に、桜庭選手着用直筆サイン入りカンカTシャツを1名様に!
詳しくはこちらです!
cpn_bnr_1609

pagetop
オンラインショップあかりえ