カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣
知るカンカ

季節の変わり目に体調を崩すのはなぜ?

季節の変わり目に体調を崩すのはなぜ?

実は多い「春バテ」

春から梅雨入りまでにかけては、過ごしやすいイメージがあります。
温度的にも軽く上着を羽織ったりするだけの日や、気温の高い日には半袖で過ごしたりと、不快感の少ない季節と言えます。
夏だといくら薄着になっても暑さは解消されにくいですが、春は解消されますよね。

ですが、この春という過ごしやすい季節は体調を崩しやすい季節でもあります。
いわゆる春バテです。

なんだか疲れが取れない、ずっと眠い、体がだるい、気分が乗らない……など、発熱などのわかりやすい形ではないのですが、自分自身のパフォーマンスの妨げになるような不調を感じることがあると思います。
これが春バテです。この春バテ、パフォーマンスの妨げになりはするものの、会社や学校を休んだりするには至らないレベルではありますし、明確に治る! というものではないのが辛いところです。

では、なぜ、過ごしやすいはずの春に、バテるという不可解なことが起きるのでしょうか?

春バテの原因

春は気温の差が非常に大きい季節です。
朝晩と昼だけでなく、日によっても肌寒い日や暑い日が交互に繰り返されたりします。

人間の体はある程度の温度差にも対応できるようになっています。
しかし、その温度差が10度などになると対応できずに体が混乱します。
体のモードを、気温を暖かいモードにするのか、寒いモードにしていいのか? それがわからない! となってしまうと、体に負荷がかかります。自律神経に乱れがでるのはそのためなのです。

そうなると、体がだるくなったり、昼間なのに眠くなったり、疲れがあるような感覚がずっとあるという状態になります。

対策は

気温の差ですので、まずはそれをなくすこと。
朝晩肌寒いけど日中暑いから半袖! というのでなく、肌寒い時間は何か羽織るなど、できるだけ体に感じる温度差を減らすことです。
ぬるめのお風呂などで体温を上げるのもいいです。

あとは、適度な運動です。
軽めの運動やストレッチなどで、体の血行を促進することで、自律神経の乱れをリセットできます。ストレス解消にもなります。

そして、やはり多めの睡眠です。体をじっくり休ませることで、本来のパフォーマンスを取り戻す助けになります。

食事をしっかりとり、普段よりも健康を意識した生活をおくることで大きく改善されます。
個人的にはプラスオンとしてのカンカもおすすめです。

pagetop
オンラインショップあかりえ