カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

社会人のためのすぐできる気分転換

社会人のためのすぐできる気分転換

現代社会はストレス社会

現代社会では、職場や学校、家庭などの日常でストレスを感じることが多いです。

社会人になると、その環境から逃げ出すことが難しいと感じる人も多くいます。
例えば、職場で大きなストレスを感じているとしても、そこから逃げ出すことはハードルの高いことですよね。

最後の最後とまでいかなくても、ストレスから逃げるという選択肢は大事だと思います。
心や体を壊してしまうと代わりはありません。

とはいえ、逃げ出すという選択肢は最後に取っておきたい! という人も多いと思います。
では、そのためにはどうやって乗り越えていくべきでしょうか?

パートナーや友人と遊ぶ、趣味に没頭する、カラオケに行く……など、このようにストレスを解消するのが一番です。
しかし、「辛い……」と思っているときに、急に趣味に没頭するわけにもいきませんし、カラオケに行くわけにもいきません。
そこで登場するのが、気分転換です。
本日のテーマですね。

おすすめ気分転換

ここでいう気分転換とは、その場でできる、つまり短期的な対応が可能なものです。

その場でできる気分転換のメリットは、一時的にストレスを緩和するだけではありません。

大きくはありませんが、ストレスの総量自体を下げてくれます。

短期的な気分転換の方法をいくつか紹介します。

肩を30秒ほど回してから、目を閉じて深呼吸

感情のやり場に困ったときにおすすめです。
30秒間肩を回すことによって、緊張している筋肉をほぐし、こわばった体をリラックスさせます。
そのあと、目を閉じて深呼吸を何度か繰り返すと、先ほどの感情がどこへやら……となります。

その場から離れて一人になる

もやもやして仕事が手に付かない人におすすめです。
その場を離れて、ビルの周りを一周してみたり、コーヒーを飲みに行ったりと、少しその場を離れてみると、景色が変わって気持ちが切り替わると思います。

気持ちを一旦整理する
混乱してしまったときにおすすめです。
「今どう思っているか」「なぜそう思ったのか」「どういう言葉で混乱したのか」「想定していた流れとの違いはどこなのか」などなど、一旦書き出すと自分の気持ちを客観視することができますし、次に似たようなケースが起きた時、どうすべきかの指針になります。

これらの気分転換で、ある程度のリセットはできると思います。
ただ、これらはあくまで短期的な対応にすぎません。

中長期の気分転換

中長期的な対応となると、冒頭に書きましたが、パートナーや友人と遊ぶ、趣味に没頭する、カラオケに行く……など、休日などのオフタイムを使ったものになります。

自分がすっきりすることをするだけでなく、チャレンジもいいかもしれません。
やったことのない運動に挑戦したり、読んだことのないジャンルの読書に挑戦したり、囲碁将棋やボードゲームを始めてみるのもおもしろいかもしれません。

自分にあった気分転換を行って、日々のストレスを乗り切ってください。
しかしながら、無理をしすぎるのは本当によくありません。大人は逃げても許されます。
逃げるという選択肢も忘れずに。カンカという選択肢もあります!

pagetop
オンラインショップあかりえ