カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

食欲の秋が来ます!

食欲の秋が来ます!

秋は様々な楽しみのある季節です

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、秋は様々なものと相性がいい季節だと言われています。
過ごしやすい気温になり、暑さでできなかったスポーツをしたり、ゆっくりと読書をしたり、余裕やゆとりを持った行動をとれるのが秋です。
お祭りっぽい雰囲気のある夏に比べ、秋は少し落ち着いた季節になります。

そして、今回のテーマである「食欲の秋」は、食欲が身近な感覚ということもあり、メディアなどで取り上げられることの多い話題です。
今回は、その「食欲の秋」の正体に迫ります。

食欲の秋は収穫の秋?

食欲の秋として取り上げられるとき、セットにくるのは旬の食べ物です。
秋は夏にたくさん太陽を浴びた穀物、野菜、果物が収穫される季節ですので、様々な食材が出回ります。
脂の乗った魚も日本近海に来ます。自然の恵みが豊富な時期です。

秋刀魚、はも、松茸、栗、新米、うなぎ、さわら、かぶ、冬瓜、ぎんなん……ざっと上げるだけで数多くの旬の食材があります。
これらの食材を使った料理などを想像してしまう人も多いと思います。

夏バテからの解放もあり、食が進んでしまう季節……それが、秋なのです。
しかし、なぜ食が進んでしまうのでしょうか?
気温が下がれば食欲がますのでしょうか?

秋は人の体を変える?

食欲の秋には様々な説があります。
まずは、日照時間による体の変化です。
カンカニュースでも何度か取り上げたセロトニン。この物質は太陽の光に当たると人間の体に生成される物質で、睡眠や心身の健康に影響を与える物質です。
秋になると太陽が沈むのを早く感じますよね。
つい先日までは19時でも明るかったのに、まだ6時なのに暗くなってきた! と感じる人も多いと思います。
日照時間が少なくなるとセロトニンが作れません。
そうすると、セロトニンを作るための物質である肉類や乳製品、糖類を摂る必要があります。
そのため、たくさん食べたくなるのではないか、と考えられています。

そして、「9月の体調不良を乗り切るために」でも書きましたが、気圧が下がることが多い秋、体が備蓄モードに切り替わることも考えられます。
また、気圧だけではなく気温も下がります。人間には冬眠はありませんが、動物として冬に向けての備蓄モードになってしまうのではないか、という説もあります。
動物にとって、冬は食料を調達するのが難しい季節ですよね。

他にも基礎代謝が上がっているので、それに合わせて食事量が増えるという説もあります。
意外に思われますが、基礎代謝が最も上がるのは冬です。

食欲の秋を楽しみましょう

体重が増えてしまうのではないか……と思ってしまう人も多い食欲の秋!
それを解消しつつ、食欲の秋を楽しみましょう。

野菜を中心に献立を組み立てるのもありですし、スポーツの秋ということで、ウォーキングなどを行って食事とのバランスを取るのもいいと思います。
健康的に食欲の秋を楽しみたい人を、もちろんカンカもサポートします。
食欲の秋なのに、イマイチ乗れないとき、迷わずカンカです!

pagetop
オンラインショップあかりえ