カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

カンカで秋のメンタルサポート!

カンカで秋のメンタルサポート!

秋は浮き沈みのある季節

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋……など、夏の暑さが和らいで、いろいろなことに取り組める季節です。

しかし、この秋に調子を崩す人が多いのも事実です。
秋は「9月の体調不良を乗り切るために」でも書きました肉体的な不調だけでなく、精神的な不調も起こりやすい季節です。
なんだか、気分が乗らないな~という人も多く見ます。こういった「いまいち」という人だけでなく、イライラしたり、眠れなくなってしまったりする人も出てきます。

秋という季節を楽しもうとした矢先の不調、それはいったいなぜ起きるのでしょうか?

最初のポイントは日照時間

夏から秋が深まるにつれて変わるもの、気温もそうですが日の長さ、つまり日照時間が大きく変わっていきます。
夏は19時でも明るかったのが、9月に入ればもう暗くなっている……。会社にいてもわかるぐらい、太陽の沈む時間が早くなっていくのを感じることができます。

人間にとって太陽の光を浴びることは非常に良い影響を及ぼします。
「疲れているあなたへ」や「連休中に疲れをとろう」でも書きましたが、セロトニンという物質が脳への調子に働きかけます。
そのセロトニンは、太陽を浴びることによって生成されます。

日照時間が減っていくことで、セロトニンの分泌も減っていきます。
朝起きたら、まず太陽の光を浴びてセロトニンの分泌を増やすことを心がけ、少しでも脳の調子をあげることを考えていきましょう。

気圧の変化を前提にいれておく

天気の悪い日が続くと気分が盛り上がらない……これは、何も天気が暗いからというのではなく、低気圧の影響です。
気圧が下がることによって、体が活動的なモードから蓄えるモードに切り替わることが原因です。
備蓄モードになった体が、手っ取り早く「活動させない」ためにすることはなんでしょうか?

それは「気持ちを盛り上げさせない」ことですよね。心が盛り上がらないと活動的にならないですよね。

気圧の変化は人間の力でコントロールすることはできません。
ではどうすればいいのでしょうか?
まず、天気の悪い日に調子が悪いことを自分のせいにしないことです。すべて天気が悪いせいだと思うことで、自分自身を楽にしましょう。
急な気圧の変化などで自律神経が乱れることもありますが、秋は気圧の変化がある季節だという前提で心構えをしておきましょう。

それだけで、気分的なものが楽になるはずです。

美味しいものとカンカ

こういった秋の不調に対して、大事なのはその対策です。
それには、食欲の秋を利用してみるのはどうでしょうか?

秋は食欲が戻ってくる季節です。
それに合わせて、おいしく対策していきましょう。
「ドーパミン」「セロトニン」「アドレナリン」「ノルアドレナリン」などの、心の好調をサポートする物質を積極的に作り出していく必要があります。

こういった物質を作り出すと言われているアミノ酸の一種トリプトファンを作り出すために、秋の味覚を楽しむのが効果的です。
カツオやまぐろは、トリプトファンだけでなくDHA、EPAなど、お豊富に取ることができますので、おすすすめです。
秋のカツオは戻り鰹と呼ばれ、非常に脂が乗っていることが知られています。
個人的にもおすすめです。

あとは、カンカでトータルサポート。
ビタミンCの5倍の力と、スッキリ過ごすことをサポートできるフェニルエタイドがみなさんの秋を支えます。

この秋は、美味しさとカンカで乗り切っていきましょう!

pagetop
オンラインショップあかりえ