カンカニュース

科学的なアプローチで研究されているカンカ。
より深く知っていただくため、詳しく掘り下げていきます。

生活習慣

アラフォーからの疲れ対策

アラフォーからの疲れ対策

30代後半がポイント? 様々な疲れと向き合う

アラサーから疲れを感じ始め、30代後半からは男性女性問わず「疲れを感じる」から「疲れを実感する」ようになるポイントの年代です。
アラサーの時は「まだ無理が効く」という状態ですが、アラフォーになると「無理をすると翌日、下手をすれば週末まで影響が出る」という状態になります。
これがアラサーとアラフォーの疲れに対する違いです。この違いを実感し始めるのが30代後半です。

男性女性を問わず、仕事や恋愛、家族、遊び、人間関係など、様々なものと真剣に向かい合う年代です。
しかし、仕事疲れや恋愛疲れ、家族やパートナーとの過ごし方、遊んだ翌日の疲れ、人間関係の難しさ……様々な疲れが正面から向かってきます。
疲れと向き合いながらも、チャンスは待ってくれないのも事実です。
今から! これから! というときに疲れていてはどうしようもありません。

40代からは守ることも大事に

40代に入ると体を疲れから守ることも大事になってきます。
30代中盤までのような無理をすると、その無理がそのまま残ってしまいます。
疲れだけが残らなければいいのですが、疲れからくる体の不調がそのまま体を壊すことになることもあり、自分自身を守るという目線で疲労を管理することも必要になってきます。

無理をする場合もあるとは思いますが、無理をした分、きっちり疲労を解消する方法を身につけないと、体はもちろん心にまで不調の波が押し寄せてくることになります。
目立った形になって表れるのではなく、そっと忍び寄ってくる「なんだか疲れが取れない……」というような不調……そうならないためにも、疲労に対する守りの目線が必要だといえます。

アラフォーから目立ち始める疲れのサイン

アラフォーになってから、目立ち始める疲れとして一番耳にするのは「朝の目覚め」です。
スッキリ目覚めることが極端に少なくなり、なんだか力が出ない感覚に陥ったり、いつまで経ってもシャッキリしない……こういうことが続くと、疲れを実感してしまいます。

朝の目覚めもそうなのですが、全般的に回復に対する力が失われていくのもこの時期です。残業などが続いている時、20代は全然気にならなかった疲れがアラフォーになると「たまっている」と感じるのも特徴です。20代の時のように「お疲れ様でした!」で吹き飛ばなくなってしまい、毎日疲れが続くという感覚になってしまいます。
回復する力がなくなっていくことが原因で、リセットが効かなくなります。

アラフォーになると仕事などで経験も増えますので、過去の経験を活かした行動が多くなります。
自然と行っているので気づきにくいのですが、様々なことを脳で処理するので、肉体以外の部分で知らず知らず疲れていることも多いです。こういった経験が原因となる脳の疲労も重要なポイントです。

どうやって回復するかが鍵

年代的にも男性女性とも充実した時期を迎えるのが、アラフォーの時期。回復をどのように行うかがポイントです。

まずは、睡眠対策。
「アラサーを過ぎると疲れが取れなくなってきた……という方に」でも書きましたが、脳や体のリフレッシュには睡眠が効果を発揮します。
自分にあった睡眠時間、すっきりと目覚めることのできる睡眠時間を取るようにすると回復が大きくかわります。
仕事が忙しい! 無理! という人は、仮眠がおすすめです。休憩時間の10~20分でいいので、眠ること。実際に行ってみるとリフレッシュ効果が高いことがわかると思います。

規則正しい生活も疲労対策となります。
お付き合いもあるとは思いますが、規則正しい生活は心身にとって非常に良い効果を得ることができます。

食事についても重要な疲労対策と言えます。野菜などからビタミンB群の摂取を心がけてください。
食生活の改善は体調そのものの改善にダイレクトにつながります。偏った食事内容ではなく、バランスよく「疲れを取るんだ」という気持ちでしっかり食事することも大事です。

体の疲れにはストレッチも有効です。
仕事の合間に背筋を伸ばしたり、肩を回したり……こういった簡単なストレッチを1日に何度か行うことで、肩こりなどの改善にもつながります。

脳の疲れにはリラックス

肉体の疲労もそうですが、脳の疲れをとることも重要です。
ストレスが影響している場合もありますし、仕事だとどうしようもないことも多いです。
そういう場合には、体を動かすことと想いをアウトプットすることが大事です。

体を動かすことで脳のリラックスにもつながります。散歩など、体を動かしながら気分転換もいいですね。
今まで見えなかった景色などが見えるかもしれません。

自分の想いをアウトプットすることも心の疲れを取ることになります。
辛い、しんどいと思うことを紙に書き出して見る、信頼できる友人やパートナーに伝えるなどで心の負担が軽くなることもあります。

脳にもいえますが、睡眠も非常に大事です。深い眠りにつくことで脳が回復します。

足りない部分はサプリメントで

野菜などを取ることが難しい、食事がどうしても偏ってしまう場合はサプリメントで補うのもありです。
サプリメントのメリットは、足りない部分をピンポイントで補える点です。「疲れている自分にはこれが今足りない」というところに的確に応えることができます。
また、水さえあればいつでもどこでも摂取ができるというのもメリットです。

規則正しい生活と自分にあった睡眠、リラックスを意識して、足りない部分はサプリメントで補うというのが、アラフォーからの疲労対策です。
もちろん、そのサプリメントにカンカがおすすめなのは言うまでもありません。フェニルエタノイド配糖体に含まれるエキナコシドやアクテオシドが様々な形で期待できます。

疲れた体にRIZIN公認エナジーサプリカンカ

このように、様々な解決方法を実践しながら、疲れている自分を解決していくのが、男女問わずアラフォーの疲れ対策と言えます。

pagetop
オンラインショップあかりえ