疲れているあなたへ

疲れ、取れていますか?

毎日の仕事などで疲れがとれず、休みの日は寝ているか、無理やりでかけている……。
残業が続いて、ずっと疲れている気がする……。

こういった人は多いと思います。
ストレスの増大や社会生活の24時間化などによって、日常的に何らかの疲れを感じている日本人は2人に1人であるといわれています。
疲れを感じていることもそうですが、それを解消しづらいところにも問題があります。

夜寝ても朝スッキリと目覚めることができない、ずっと疲れている気がする……など、疲労が取れないことってありませんか?
また、疲労の抜けを早くしたい、そう思うことってありますよね。

疲れの仕組み

そもそも疲労とはなんでしょうか?

疲労の定義とは「身体的・精神的負荷を連続して与えたときに見られる一時的な作業能力の低下」です。

疲労状態になると血液中の成分などが変化します。
変化すると、疲労感として脳へ伝達するシステムが人間にはありますので、体の疲れを脳がしっかり認識する状態になります。
そうすると「疲れた……」という感じるようになります。

運動していて疲れてくると「乳酸がたまっている」と思わず口に出してしまう人も多いと思います。
乳酸が疲れと密接なのはみなさんご存知ですね。
乳酸が体内に蓄積されると何が起きるかといいますと、筋肉の収縮を邪魔するんです。
そうなると「体が動かない……」となってしまうのです。


では、脳の疲れは?

脳の疲労感は、血漿中で増加した遊離トリプトファンが脳内へ行き,セロトニンに合成されることが原因ではないかと考えられています。

カンカは疲れている人をサポートします。

カンカの研究でわかってきたのは、体、そして頭、どちらもサポートできるということです。
運動中の疲れはもちろん日常の疲労感にたいしても的確にサポート。
疲れていて、辛い……そんなときに、カンカがみなさんのお役に立ちます。

疲れているけど、乗り越えたい、そんな人を私たちは応援し、サポートします。

pagetop
オンラインショップあかりえ